スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大進撃レポート

からくもダークエルフの手を逃れたマクスウェル大司教は軍勢を再編し、再びアヴァーランドを目指していた。そんな彼らが朝焼けの中発見した敵軍はティーンチ神に仕えるケイオスの一軍であった。
部下たちは「大司教殿、口惜しいが此処は会戦を避け撤退するべし」と進言するなか、大司教は一言つぶやいた。
「異端を前に我らが、我らシグマーの子らが逃げることなどまかりならん。それに、もはや撤退するには遅すぎるのだ。見よ敵軍もこちらに気づいておる。軍団旗手よ兵を配置につかせよ。なんとしてもここを突破するぞ。」

WoC VS EMP 2000P
暁の進軍 ケイオス先置エンパイア後攻

両軍ともに急な敵の発見に慌て、配置が乱れる。ケイオス側軍勢が迅速に展開できない中(1を振りまくって4ユニット程いた)エンパイア軍もグレートソードーが前線に展開できない結果となる。(2を振り過ぎてハルバーディーアーとウォーアルターの後ろ配置となり渋滞発生。)
ケイオス側はヘルキャノンの射撃をもってエンパイアの撃退を狙うもからくもエンパイア側は耐え抜き最初の危機を脱する。
一方エンパイア側も圧倒的な火力を持って、敵軍トロルを撃破しその数を大きく減らす形となった。(ファイアーボール2D6 パニッシュメント2D6 永遠なる炎軍旗付きクロスボウマン20発)

しかし、戦力の逐次投入を余儀なくされたエンパイア側は苦境に立たされ、ケイオス側戦力を分断するべく、大司教閣下自ら敵主力マローダーを食い止めるべく突撃。ハルバーディアー隊も不利と知りながらスロッグ率いるトロルに突撃し、強引に進軍路を確保せんとする。焔の魔法使いアルフレッドはルフーインの火炎剣でハルバーデx-アー隊を援護しトロル達の撃破に成功する中、大司教は敵ケイオスロードと一騎打ちに入り敗北。ウォーアルターを壊され敗走することとなる。敵ロードの活躍に満足した暗黒神は最大の報賞を彼に与え、(まなざし、6ゾロ)グレートソード隊にその刃を向けるもグレートソード隊はそれに耐え、ナイトの増援を待つ形となる。

敵の妨害にあいながらもハルバーディアーや大司教殿の犠牲のもと好位置につけたナイト隊はついに突撃の好機を得るも、ヘルキャノンが再びの命中。騎士団はあえなく退却してしまう。事ここにいたりこれ以上の戦闘続行が困難であると判断しエンパイア軍は再び屈辱の撤退とあいなった。

  ケイオスの通常勝利にて終了。



というわけで、昨日の飲み会の後約束したのでHC神保町にて一戦。配置で不利で後手に回らざる得ない状況下で強引に五分五分に持ち込んだけど、最終決戦する前にヘルキャノンのパニックでわずかながらもあった勝ちの可能性がどっかいくという試合でした。
対戦後の会話の中で、ナイトがずっと戦ってなかったですよねという会話があったが、十分読みあいで戦い続けていたので(正確にいえば敵チャリオットおよびマローダーとの位置の取り合い)十分仕事しました。
水面下での位置の取り合いが非常に熱い戦いでがっぷり四つに組めていただけに、その結果を見ることなく、ヘルキャノン→パニック→位置が崩れて無理という幕切れは物悲しいものでした。まぁしょうがないですけどね。

アヴァーランド第8旅団 戦闘結果
1 VS TK 勝利(大合戦) 8P
2 VS SKA 敗北     0P
3 VS DE  敗北(大合戦)1P
4 VS WoC 敗北     0P  合計9P
あんまりP稼げてないですね・・・・。負けてP稼がれても癪なのはわかりますが高Pのゲームでポイントないのは投資時間を踏まえたうえで若干精神衛生に悪いです・・・・。まぁいいですけどね。4月末まで開催期間が延びているので20点ぐらいはP稼ぎたいですが正直難しいのかなぁ・・・・大合戦で勝利できると楽勝なんですけどね・・・・・。

追記。ナイトは欲しい(実用的意味で)ただ5騎で良い。(仕事的意味で)異論は認めるが実験はする。
   * 特定の人(某帰りに編成の話をした方に対しての呟きです。)
   * 筆者の心の友はナイトです。ナイトに文句はないです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。