スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大進撃再びレポート

さて、砂漠で古代の遺跡を確保した、マクスウェル大司教でしたが、トルク卿の危機を聞きつけ即座にアヴァーランドへの期間を目指しました。その道を遮ったのはダークエルフの一団でした。大司教の確保した聖遺物を狙うダークエルフを打ち破りアヴァーランドへ帰還するべく戦いが始まりました。

DE VS EMP 2000P 接近遭遇
DE先置き・先行

当初DE軍も主力の歩兵群(DEスピアマン40)をかき、不利かと見られたが、我が方も主力歩兵(ハルバード40とグレートソード30)の到着が遅れ全軍が混乱し、自軍の配置がいささか乱れる。
この混乱にまどわされたのかDE側のピットオブシェイドを前に騎士団は軍団旗手トルク卿を守れず(閣下危ない失敗)卿はまさかの撤退。(6振った)騎士団はその場に踏みとどまれず敗走した。

エンパイアも挽回を目指すも、初期の混乱からクロスボウマン隊が全軍の展開を阻害し、ハルバーディーアー隊が膠着。敵部隊を破壊できぬうちにきれいに包囲される形となり、ハルバーディアーが逃走。これ以上の被害を避けるべく大司教は撤退を決断した。


いやぁ~正直出目もあるが、今回は俺が悪い。軌道はそこまででもないが初期配置が悪かった。主力がいない中で如何に戦線を構築するかは8版の中では比較的頻出する話題なので、痛い勉強にはなったので良しとしたい。まぁいままで0点だったDEに10点献上したことだし。よかった、ヨカッタ・・・・  ウンクヤシクナイ・・・・・・・・

対戦後、ブラックオーク30体を格安で譲り受け御満悦な上に、趣味人飲み会に参加。改めて、子の趣味を通して人との縁ができたことの喜びを再確認した次第です。

しかし、駄目なものに駄目だと気付くのが2ターン表とは私もまだまだ甘いなぁ。負け犬の遠吠えをしておくなら、でも、悪い中でも盛り返す機会はあったはずなので魔法の使いどころおよび使う先を間違えたとは思います。ヒドラの処理に全力を注ぎ殺し切る火力を注げばもう少しいい試合になった気はします。ふむ、要は間違っていたということでしょうねww。ハァ、ヒサビサノゲームデカンガニブッタッテコトニシテクレ・・・・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。