スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドワーフアーミーブックを読んでみて

 先日発売されたドワーフアーミーブック、まぁ英語版しかないとかそういうことは私個人としてはそこまで困る要素ではないので置いておいて。
 知人と発売日にがっつりと読む機会を得れたのでかなり色々なことが分かって非常に面白かったです。

細かい能力については書きませんが
1:全体的に性能が上がっている。
2:接近戦火力も、射撃力も申し分なし。
3:機動力に相変わらず難あり。
といった印象です。
接近戦の攻撃力と、重騎兵に有効な射撃力と普段自分が好む傾向のロスターには頭が痛いものが多くてドワーフとの対戦では気をつけなければと思いました。

 その上で、このドワーフや、最近のFBの対戦環境等について話をしていた上で到達したのが、
もうトップアーミーのユニットに殴り勝つにはただのWS3・S3・T3の生き物ではかなり苦しい部分があるのではないかという認識でした。
この認識に至ったのは、現在接近戦で強力なユニットが
・S5前後の攻撃
・T4、AS+4前後
といったスペックを持っていることが多いことと
・S5の射撃が増えている
といった事からです。
 
 こうなってくると先日のゲームのように魔法で強化してなんとかするかというのが手っとり早いのですが、どうも元々魔法頼みで接近戦をするのが好きではない自分としては、本音としてこの手段を取りたくない。
 
 となってくるとエンパイアとしてはデミグリフナイトという選択肢が輝いてきます。
デミグリフはS5という火力とT4というそこそこのタフさを供給してくれる上にAS+1とスペック自体は優秀な子であります。なんかデザインとかが嫌いなのと、1箱買って値段とかでもうひと箱買う気がしなかったのですが、やっともうひと箱考えてもいいのかなぁと思うようになってきました。

 まぁ、実際にすぐ買うの?というとそういう訳にもいきませんが(他のゲームのミニチュアを塗ったりで今買っても手が回らないのです)ちょっとこの認識に至ったのは記録しておく価値があるように思えました。
という日記代わりの更新でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。