スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウォーハンマーFB 反省点

本日、Fさんハイエルフと2000P戦。シナリオは峠道。先行はエンパイアでした。

相手の編成は15前後のソードマスター×2 25前後のローザンシー ボルト×2 ライオンチャリオット×2
      イーグル騎乗ヒーロ ウィザードロードでした。

戦場に柵が多く、一か所の裂け目を中心に両者とも主力を配置。HEが主力の後ろに後続を配置する一方、エンパイアは歩兵部隊を散会回り込む陣形を組む。(写真なくてすんません・・・・)

EMP側はウォーマシンの不発など災いが続くも、HEは縦列配置が災いし、やや渋滞。そのすきにアウトライダーを中心にソードマスターとライオンチャリオット×2は破壊。もうひとつのソードマスターは魔力暴走からの焔5番で11人死亡の悪夢(Fさんは本日終始出目が悪かったです・・・)

しかし、EMP側もHEが散会したEMP兵力に部隊を割かなかった為ほぼ遊兵化・・・・。クロスボウマン20人がほぼ射撃せず移動し続ける羽目に・・・・

5ターン目前後から、パニックと縦列配置で動けなかったハイエルフ側の側面に散会していた部隊が到着。正面残存兵力とともに挟み撃ちにする形となりハイエルフ側を撃破。
何故かやっとこさ射撃したクロスボウ隊はHEアーチャーをパニックさせ盤外逃走させる。
最大のネックはHEローザンシーが逃走距離で6ゾロを出し逃走成功(ナイト×2で追うも届かず)

次のターンにボルトが主力ナイトにとどめを刺したせいでVPは微妙なラインのまま終了となりました。
結果はちょうアーチャー分の差でEMPの勝利でした。

さて、今回の勝ちはFさんの出目の悪さとASBの不在で拾えたようなものでしょう。
   ASBがいれば、あそこまでのパニックは起こらず(9のチェックに6回以上失敗していたのは・・・)散会した部隊の到着は間に合わなかったでしょう。クロスボウマン20人は結果論は金星でしたが、配置位置が間違っていたといわざるを得ないでしょう。また、ナイト2部隊目の配置位置も主戦場より遠すぎ、彼らがよりよい位置にいればGCを守りより早く主戦場につけたことでしょう。この配置が良ければ、よりよい戦になったと思われます。

クロスボウマンの編成および運用にはより多くの研究が必要でしょう。

今日の戦いから次回の編成に関して思う節をいくつか考えたのですが、それは明日書こうと思います。 
                        
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。