スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FoWいんとろげーむ

最近ますますflames of warの事しか書いていない気がしますが。
こんばんわ darutoneです。

 一週間以上前になりますが、3月23日に最近FoWを始められた、たまおさんをお相手にイントロを兼ねた800P程の戦車戦をしました。今回はその時のレポートをば。
 私が使ったのは相変わらず西部戦線のSS戦車中隊でⅣ号戦車3輌とⅢ号突撃砲3輌の2小隊に、中隊本部にⅣ号を2輌迎えました。対戦相手のたまおさんはシャーマン3輌の小隊が2つにスチュアート3輌の小隊が一つ、中隊本部がシャーマン2輌という編成でした。
サンロー近辺で攻勢にでたアメリカ戦車隊とそれに対する火消しとして出動したSS戦車隊といったところでしょうか?


 初期配置直後の写真を撮り忘れてしまって・・・・1ターン目の表が終わった時の写真がこちら
戦場全体
少数のドイツ軍に対して、アメリカ軍はシャーマン1部隊で牽制しつつ、スチュアートの快速を活かして回り込もうとしています。(奥の家の裏にスチュアートが隠れています)
ドイツ軍配置
ドイツ軍は丘の裏と森の中に部隊を隠してアメリカ軍の出方を見る配置になってますね。
色々とルールの解説も交えつつどんどんゲームは進んでいき(そして写真を撮り忘れ・・・・)
Ⅳ号の牽制に向かっていたシャーマン小隊は武運つたなく、ドイツ側に損害を与えることなく壊滅してしまいます。

至近距離
戦力差がなくなりじり貧なアメリカ側はオブジェクト付近にシャーマンとスチュアートの小隊が突入。一気に攻勢をしかけます。対するドイツ側はⅢ突が対抗して突入し時間を稼ぐ間にⅣ号が配置転換を急ぎます。
終了
 ここでもアメリカ軍はⅢ突に打撃を与えきれず、Ⅳ号の配置転換も間に合ったドイツ側は火力の差を活かしてアメリカ側を壊滅させゲーム終了となりました。

 たまおさんの出目が大変悪くドイツ側に損害が出ない一方で、私は出目もよく結果としてはかなり一方的な展開になってしまいましたが、ゲームの展開そのものは非常にシーソーゲームでお互いに見せ場のある良いゲームだったと思います。
 
 しかしスチュアートの足の速さは魅力的ですねぇ。あれでドイツの装甲車では対処しづらい装甲と適度な火力をもっているとは・・・・。スチュアート対策にはなりませんが、自分もドイツ軍にああいう足の速いユニットを入れてみたいですねぇ。

スポンサーサイト

FoW増強覚書

 気付くと3週間ぐらい余裕で更新を忘れてしまいます・・・・。
今晩はdarutoneです。

 今日は個人的な覚書を少しというだけなので、何か紹介するとか、対戦の記録という訳ではないので悪しからず。

 今後のFlames of Warの増強方針

1:midを本格的に準備。
 そろそろやりたかったことをやろうというこで、midのクルスクの準備を本格的に開始したい。
リストはEastern Frontの32PのリストをSSで使うか、36PのリストをSSで使うか。
 どちらの場合でも、必須小隊に鹵獲T34を使用することができるので、これを投入してダスライヒらしさを出していく。そのうえでもう一つの必須を埋めることを考えていくと前者の場合3号戦車を買わねばならず、後者の場合、現在持っている4号戦車H型が使用可能。実際の配備状況がどうなっていたのかに関しては自分の知識量が足りていないので要調査。
 予算的には後者のほうが楽ではあるが、より雰囲気がでるのは前者といったところか。当面はT34を購入し、とりあえず後者で遊ぶ。折を見て予算の余裕のある時に前者で遊ぶべく3号を買うといったところか。地味にT34を2箱ほど高にゅしてそれで必須を埋めるという選択肢もある。ダスライヒならそれも悪くはないかなぁとちょっと思う。


2:lateの増強方針。
 lateは変わらずAtalantic wallのSSでいく予定だがSS戦車中隊はコスト面が1780Pでは正直しんどいので、歩兵系の部隊にシフト。色々悩んだが手に入るモデルとかから196Pのリストでいくのが濃厚かなぁ。
イメージソースとしては、リュティヒ作戦時のダスライヒ左翼をになったドイッチュラントとダスライヒ偵察大隊の集団を想像中。戦車連隊の支援を受けているので適当な戦車を入れつつレコナンス部隊も入れることができるので選択肢の幅が広い気が。(実際はすでに火砲や高射砲を喪失してそうですが、まぁこのあたりはゲームですし・・・)
 現在使っている歩兵がスターター付属の国防軍歩兵なので、これをSS歩兵に変えたいのですが、どうもメーカーのほうで品切れしているみたいで・・・。ひとまず歩兵は様子を見つつで、ゲーム的にも使ってみたいと思っている偵察部隊の装甲車を購入したいですね。最も編成的には3つ選べる選択肢があるのですが、どれが配備されてたのかよくわからんのでここも要調査ですね。Sdkfz231とか塗りたいんですけどねぇ。

3:連合国も触りたい。
 まぁ触りたいとは思ってます。思ってますけど、ドイツ軍が落ち着くまでは我慢するのが理性的だとは思ってます。
どっちにしても今月発売されたイタリア本とか見るまでは待ってみようと思ってます。

こうやって見てみると大体の購入の優先順位は上から
・T34のプラボックス×1(いっそ2箱買ってしまうのも選択肢)
・偵察部隊の車両
・mid用の戦車?(T34×2箱の場合は必要ないかなぁ。)
・歩兵のSSへの刷新。
といった順番か。

あとは実際の予算と見つけた資料とかを参考ににらめっこして決めていくしかないですね・・・。
(結局なにも決まっていないというオチでした)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。